南野の“後継者”、踏み出した一歩と悔しさ ザルツブルク奥川雅也の“背中を追う”挑戦

5年弱かけて今のレベルに辿り着いた南野、奥川はスタートラインに立ったばかり

 試合後の南野は、淡々とした様子で試合を振り返っていた。

「良い相手と対戦できて、すごく良い経験になった。課題が見えたのでそこをしっかりやっていければ……。イージーミスも多かったし。やっぱり、しっかりボールをつないで前に運べる、シュートまで持ち込めるぐらいにならないと、たぶんやっていけない。そういうところをしっかり意識していきたい」

 欧州トップレベルと対戦したことで見えた景色を忘れずに、自分と向き合い続けて、あの日から5年弱かけて今のレベルに辿り着いた。あの試合があるから、今の南野がある。そして奥川は今まさに、その入り口に立っているはずだ。

 ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガで現在、LASKリンツに勝ち点5差をつけられ2位に甘んじている。6連覇中の王者として、このまま終わるわけにはいかない。ELの戦いが終わった今、ここからはリーグに集中して、気持ちを再度高めていかなければならない。ポジション争いも激しくなってくるだろう。そのなかで奥川はどんなプレーで、どんな活躍を見せ、チームを再び上昇気流に乗せることができるだろうか。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド