「自信を高めたが…」 南野拓実、リバプールでの“出遅れ”を英紙指摘「キャリアは…」

リバプールMF南野拓実(写真右)【写真:AP】
リバプールMF南野拓実(写真右)【写真:AP】

リバプールはチェルシーに0-2で黒星 南野はフル出場も不発「深い位置で活発に動いた」

 リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2と敗れた。日本代表MF南野拓実はフル出場を果たすも、決定機を物にできず、不発に終わった。英紙は「明確に自信を高めた」と指摘した一方、「日本代表のリバプールのキャリアはスロースタートを余儀無くされた」と主張している。

 リバプールは、現地時間2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗を喫し、リーグ18連勝、無敗記録44試合が途絶えることになった。過密日程を強いられるなかで主力のおよそ半数を休ませ、最前線に南野を配置した。

 公式戦5試合目の出場を果たした南野だが前半20分、右サイドのクロスをゴール前で受けて絶好の決定機を迎えるが、相手DFアントニオ・リュディガーに体を入れられシュートに持ち込めず。試合は前半13分、後半19分に被弾し、無得点で公式戦2連敗を喫した。

 フル出場を果たした南野だが、一部の英紙からは厳しい声が寄せられている。英紙「デイリー・エクスプレス」は「明確に自信を高めたが、しっくり収まるためにはまだ数試合をこなす必要がある」と説明。英紙「イブニング・スタンダード」は「フィルミーノの最高のインパクトを体現するべく、深い位置で活発に動いたが、後半は完全に消えてしまった」と指摘している。

 また、「リバプールにおける日本代表のキャリアはスロースタートを余儀無くされた」と綴り、新天地で5試合を消化したものの、幸先の良い船出を切るには至らなかったと主張した。ここ数試合ではリバプール全体に疲労の色が見えているだけに、南野の目に見える結果が求められるタイミングかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング