南野が「チェルシーの背後を突いた」 リバプール敗戦も英メディア一定評価「輝かしい出来」

FAカップ5回戦でフル出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】
FAカップ5回戦でフル出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】

南野は先発フル出場で存在感「センセーショナルなパスを送り込んだ」

 リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2と敗れた。日本代表MF南野拓実はフル出場を果たしたものの決定機を物にできなかった。英メディアはチェルシー戦に出場したリバプール選手のパフォーマンスを採点し、「チームが平凡なパフォーマンスだったのに対し、輝かしい出来だった」と一定評価を下している。

 リバプールは、現地時間2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗を喫し、リーグ18連勝、無敗記録44試合が途絶えることになった。今季リーグ初の敗戦で勢いを止めないためにも連敗は避けたいが、主力のおよそ半数を休ませ、最前線に南野を配置した。

 試合は前半13分、ブラジル代表MFファビーニョがゴール前でボールロストし、相手MFウィリアンが右足を振り抜くと、GKアドリアンがゴール中央に飛んだシュートの処理を誤り先制されてしまう。さらに後半19分、カウンターの場面から相手MFロス・バークリーにミドル弾を叩き込まれ、追加点を許してしまう。

 フル出場した南野は前半20分に右サイドのクロスを受けて絶好の決定機を迎えるが、シュートまで持ち込むことはできなかった。シーズン通して圧倒的な強さを誇示していたリバプールだが、公式戦2連敗を喫し、2試合連続で無得点、直近の3試合で計7失点を喫する深刻な事態となっている。

 英メディアはチェルシー戦に出場したリバプール選手を10点満点中で採点を行っている。英地元紙「リバプール・エコー」は南野に6点を与え、「序盤では躍動し、背番号9番の役割で洞察力あるパスと見事に連動したプレーを見せた。ハーフタイム明けは難しくなり、やや見劣りした」と説明している。

 また、英メディア「Squawka」も南野に6点を付け、「チェルシー守備陣の背後を突いたセンセーショナルなパスを数本送り込んだが、チームメートが棒に振った。リバプールでの手探りが続いているが、チームが平凡なパフォーマンスだったのに対し、輝かしい出来だった」と一定の評価を下している。リバプールに加入してからゴールに見放されている南野だが、少しずつ適応を見せているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング