「どれだけ高評価を得ているかを証明」 “南野待望論”に英注目「タクミを先発起用すべき」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

ワトフォード戦で途中出場した南野 疲労溜まるリバプールで「もっと見たい」

 リバプールは現地時間2月29日、プレミアリーグ第28節でワトフォードと対戦し、敵地で0-3と敗れた。リーグ無敗記録を「44」、連勝記録を「18」に伸ばしていたものの、衝撃的な完敗で途絶えることになった。日本代表MF南野拓実は後半34分に途中出場したが、英メディアは「リバプールは南野をもっと見たい」と取り上げている。

 リバプールは2月18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16アトレティコ・マドリードとの第1戦に0-1で敗れたものの、リーグ戦ではプレミア最多記録タイとなる18連勝を記録して、昨季からの無敗記録も「44」に伸ばしていた。

 しかし、ワトフォード戦では後半9分、右サイドで与えたスローインの流れから先制点を奪われると、同15分には左サイドからカウンターを受けて連続失点。同27分にはバックパスを拾われ、3失点を喫する完敗となった。

 南野は後半34分から途中投入されたが、シュート0本に終わった。そんななか、英メディア「フットボール・ファンキャスト」は、「リバプールは南野をもっと見たい」と見出しを打ち、過密日程の影響が出始めていることもあり、ファンから南野起用を熱望する声が上がっていると伝えている。

「この25歳がクラブで爆発する姿を見るのを待っているファンは数多くいる。クロップに対し、『いつこの武器を使うのか?』と尋ねる人もいる」と説明し、「『タクミを先発起用するべきだ』という声が、どれだけ高評価を得ているかを証明していた」と取り上げている。

 ワトフォード戦では世界屈指の攻撃力を誇る3トップが沈黙。エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのいずれにも疲労の色が見えており、リバプール攻撃陣は今、南野の力が必要な状況を迎えているのかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング