グアルディオラ監督、シティ史上初のレアル戦勝利 記録づくめの白星に英メディア注目

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

名将ペップは21世紀に入って最多となるレアル戦10勝目

 マンチェスター・シティは現地時間26日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でレアル・マドリードからクラブ史上初の勝利を挙げた。クラブ、そしてチームを率いるペップ・グアルディオラ監督にとって記録づくめの勝利となったようだ。

 アウェーに乗り込んだシティは後半15分に先制を許す苦しい展開を強いられたもの、終盤に猛攻を仕掛けた。同33分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのアシストからブラジル代表FWガブリエル・ジェズスがヘディングシュートを決めると、同38分にはデ・ブライネがPKを決めて逆転に成功。貴重なアウェーゴールを二つ奪っての勝利で、第2戦に向けて大きなアドバンテージを得た。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、シティはこの試合でレアル相手にクラブ史上初勝利を挙げた。そのことを「マンチェスター・シティにとって歴史的な夜」と報じた。

 また、レアル・マドリードにしてみれば、CLでのホームゲームで先制したにもかかわらず敗れたのが、2009年のACミラン戦以来2度目の珍事となったという。

 シティを率いるグアルディオラ監督も対レアル戦に関する二つの記録を樹立。一つ目は監督として対レアル戦で通算10勝目を達成。21世紀に入って以降ではレアルから最も勝利している監督だという。

 二つ目は、CLにおいてレアルとのアウェーゲームで2勝目を挙げた史上2人目の監督という記録。オットマー・ヒッツフェルト氏に続く快挙だが、これを二つの異なるクラブで達成したのはグアルディオラ監督が初となった。

 プレミアリーグではリバプールに大きな差をつけられているシティだが、強豪レアル相手に歴史的な勝利を収め、悲願のCL制覇に向けて一歩前進した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング