鎌田大地、衝撃ハットトリックで“壁”を突破 先制点に「1点以上の価値」があった理由

ザルツブルク戦でハットトリックを達成した鎌田【写真:Getty Images】
ザルツブルク戦でハットトリックを達成した鎌田【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ELザルツブルク戦で華麗に3ゴール 「何かを変えているつもりはないけど…」

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が、現地時間20日にホームで行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32のザルツブルクとの第1戦(4-1)で、ハットトリックの大活躍を見せた。今年に入って公式戦2度目となるスタメン出場でしっかりと結果を残したわけだが、そのなかで特にチームの先制ゴールとなった1点目は、ただの1点以上に価値があるゴールだった。

 前半12分、スローインから右サイドバックのDFアルマミ・トゥーレがボールを持った時、鎌田は相手DFの背後にできたスペースでフリーになっていた。タイミング良く足もとにパスを受けると、ワンタッチでしっかりとコントロールした後、右足でシュートに持ち込む。そのボールは相手GKの股下を抜いてゴールネットに吸い込まれ、得点を確認した鎌田は両手を広げながら走り出し、笑顔で味方選手と抱き合った。

 この右サイドのハーフスペースでパスを受ける動きは、今季鎌田が再三見せていたものだった。パスが来ればゴール、あるいはアシストへとつながるポジション取りはできている。ただ、せっかくそこにポジショニングを取っていても、好タイミングでパスが出てこない。パスが出てきてシュートに持ち込んでも、GKの足に当たってバーを直撃したり、DFがブロックしたりとなかなか得点にならない。それだけに、狙い通りのプレーからしっかりとゴールを奪えたことが、鎌田に大きな安堵をもたらしたのだ。

「そうですね、上手く(ボールを)止められて。今日GKの足に当たったけどゴールに入りました。去年はあれがね、足に当たってバーに当たったりだとか、別に何かを変えているつもりはないですけど、アンラッキーな部分が去年はすごく多かったと思う。本当、あれが入って自分の中で上手く吹っ切れたというか、1点入れるとね、複数得点できることもけっこう多いので。気持ちの面ですごく楽になったと思います」

 その言葉どおり、ここから鎌田のプレーがどんどんハマり出す。2点目はドイツ人記者も圧巻の個人技から、鮮やかにゴールを決めた。

 前半43分だった。中盤からMFジブリル・ソウのスルーパスで抜け出すと、そのまま単独でドリブルで持ち込んでいく。途中首を振って後ろの様子を確認すると、追いすがる相手を嘲笑うかのように流れるシュートフェイントで外し、飛び出してきたGKの鼻先でフワッと浮かした左足シュートでゴールを決めた。

「こっちの選手に比べてフィジカル面というか、足も速くないし、追いつかれるなと思っていたので。上手くキックフェイントで交わせた。最後の最後まで冷静になれていたというのは、すごく大きかったなと」

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング