鎌田大地、衝撃ハットトリックで“壁”を突破 先制点に「1点以上の価値」があった理由

4バックになって「2枚でサイドを崩せるのが大きい」

 後半8分には、左サイドのDFエヴァン・ヌディカからのクロスをヘディングで決めた。シュートは相手に少し当たって方向が変わったが、得点者は鎌田になっている。

「(ヘディングでのゴールは)プロ2年目にアビスパ(福岡)戦で入れたことがありますけど、ラッキーだったというか、あれがオウンゴールにならず点になるんだったら、ブンデスリーガのオウンゴールになったやつ(ドルトムント戦)を点にしてほしいぐらいだなと思いましたけど。今年に入ってからいいスタートが全く切れてなかったので、どうにかして自分で流れを変えたいと思っているなかで、上手く流れを自分でモノにできたというのは、僕にとってもチームにとっても、本当に大きなゲームだったかなと思います」

 それにしても昨年はゴールチャンスに絡めそうなところに顔を出しても、良い形やタイミングでボールが出てくることが少なかった。だがこの試合では何度も、良い形で好機に絡み、次々に決定機に関わっていた。その要因は、どこにあるのだろうか。

「前半戦と大きく違うのは、ゴール前にラフなボールじゃなくて、(出し手が)もう少し高い位置からゴール前にボールが飛んできている。よりゴールに近づき、ボールに触れている機会が今日はすごく多かったので、僕にとってはすごくいいことだと思います。4バックになって、やっぱりサイドで(フィリップ・)コスティッチだったり(ダニー・)ダ・コスタが一枚でやっていた部分が、サイドバックも出て2枚でサイドを崩せるのが、一つ大きいところかなと思います」

 一つの壁を乗り越えた。だが、1試合の活躍で満足するつもりはない。代えのきかない主軸選手となるために、鎌田はこれからもさらなる成長を目指していく。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング