鹿島、J開幕戦は3失点完敗… 公式戦3連敗の無得点スタート、“常勝軍団”が波乱の幕開け

鹿島のザーゴ新監督【写真:高橋学】
鹿島のザーゴ新監督【写真:高橋学】

J1開幕戦で広島に0-3の完敗 ACLプレーオフ、ルヴァン杯開幕戦に続き公式戦3連敗

 鹿島アントラーズは23日、J1リーグ開幕戦でサンフレッチェ広島と対戦し、敵地で0-3と敗れた。常勝軍団は新シーズンでいきなり公式戦3連敗を喫しており、厳しいスタートを強いられることになった。

 昨季3位の鹿島は、今季からザーゴ新監督を招聘したが、初陣となった1月28日のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦に0-1で敗戦。本戦出場を逃し、いきなり主要タイトルからの戦線離脱を余儀なくされていた。さらに、2月16日に行われたルヴァン杯開幕戦の名古屋グランパス戦も0-1で黒星を喫している。

 公式戦2連敗スタートとなった鹿島だが、広島戦では開始早々にチャンスが訪れる。前半3分、ペナルティーエリア右でボールを受けたMFファン・アラーノが力強く右足を振り抜くも右ポストを叩く。さらに、こぼれ球に詰めたMF和泉竜司のシュートも左ポストに弾かれ、立て続けに決定機を逃した。

 すると同20分、主将MF三竿健斗が自陣ペナルティーエリア前で相手FWレアンドロ・ペレイラにボールを奪われ、裏を取った相手FWドウグラス・ヴィエイラに先制点を許してしまう。さらに同25分、左サイドからのクロスを相手MF川辺駿にワンタッチで振り切られ、最後はペレイラにフリーで押し込まれて追加点を許してしまう。

 後半39分にはカウンターから相手MF森島司に3失点目を許し、無得点の完敗となった。Jリーグ屈指の常勝軍団と評されながらも昨季は無冠に終わった鹿島。この日の敗戦で公式戦3連敗、しかも3戦連続無得点となり、開幕したばかりの新シーズンで早くも暗雲が立ち込めている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング