シャビ監督の“バルサ復帰”はなぜ実現しなかった? 要求された“就任の条件”をスペイン報道

シャビ監督がバルサの指揮官に就任しなかった訳とは…【写真:Getty Images】
シャビ監督がバルサの指揮官に就任しなかった訳とは…【写真:Getty Images】

就任時期やチームスタッフ人事などの要求があったことを指摘

 アル・サッドを率いるシャビ・エルナンデス監督は、今冬にエルネスト・バルベルデ氏の解任を受けて、古巣バルセロナの新監督候補として浮上していた。就任は実現しなかったものの、元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏の入閣など、シャビ監督が要求した就任の条件が明らかになっている。

 スペインラジオ局「カデナ・セール」によれば、シャビ監督はバルセロナに対して、いくつかの条件を要求。まず、バルベルデ前監督の解任に伴うシーズン途中のタイミングではなく、新シーズンに向けた今年6月の就任を希望していたという。

 さらに、クラブのグラスルーツ部門を含めてスポーツ部門の全権をシャビ監督が担うことをはじめ、チームスタッフとして元同僚のプジョル氏やジョルディ・クライフ氏、ジョアン・ビラ氏、シャビ氏の兄弟であるオスカル・エルナンデス氏の入閣などを要求していたとも報じられている。

 スペイン紙「マルカ」によれば、バルセロナはこのシャビ監督からの要求を受け入れなかった。結果として、その代わりにキケ・セティエン監督の招聘に至ったようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング