マジョルカ久保建英はDF2人を「置き去りにした」 値千金の同点弾をスペイン紙称賛

久保(右)はクチョ・エルナンデスとゴールを祝う【写真:Getty Images】
久保(右)はクチョ・エルナンデスとゴールを祝う【写真:Getty Images】

ベティス戦は3-3のドロー 久保は後半25分に今季2点目となる同点弾を記録

 スペイン1部マジョルカは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第25節で12位のベティスと対戦。日本代表MF久保建英は後半25分に今季2点目となる同点弾を記録し、スペイン紙も「(相手DFの)マンディとアレックス・モレノを置き去りにした」と称賛している。

 1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続いていた久保は、ベティス戦で先発に復帰。前半から好パフォーマンスを見せると、先制点につながるシュートを放っただけでなく、チーム2点目のアシストも記録した。

 前半を2-2で終えたマジョルカだが、後半開始早々に勝ち越しゴールを奪われ、そこからは苦しい展開に。しかし、久保が同25分にチームを救う。前線での守備からFWアンテ・ブディミルがボールを奪うと、ボールは久保の足元へ。対面したアルジェリア代表DFアイサ・マンディを突破し、カバーに入ったDFアレックス・モレノも細かなステップで翻弄。最後は右足を振り抜き、GKジョエル・ロブレスを破るグラウンダーのシュートを突き刺した。

 このゴールをスペイン紙「AS」は「ブディミルからボールを受けた久保は、マンディとアレックス・モレノを置き去りにした」と描写して称賛。DF2人を個人で打ち破る鮮烈な一撃は、現地スペインでも衝撃を与えているようだ。

 このゴールによってマジョルカは3-3の同点とすると、その後もリズムをつかんでホームのベティスを攻め立てる。次のゴールこそ生まれなかったが、打ち合いの末に3-3のドローとなり、敵地でポジティブな勝ち点1を手に入れた。3得点に絡んだ久保は、その立役者と言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング