マンCのボールボーイが衝撃の勘違い 試合中断の事態に反響「ウェストハム最高のDF」

ボールボーイの"うっかりミス"で試合が一時中断に(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
ボールボーイの"うっかりミス"で試合が一時中断に(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

ウェストハム戦でピッチ内にあるインプレーのボールを蹴り寄せてしまうハプニング発生

 マンチェスター・シティは現地時間19日、プレミアリーグ第26節の本拠地ウェストハム戦で2-0の勝利を飾った。ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の規約違反でUEFA主催大会の2年間の出場停止処分となった騒動のなか、司令塔のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが1得点1アシストの活躍を見せたが、この試合ではシティのボールボーイがハプニングに見舞われ、話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 該当シーンが起こったのは、シティが前半30分にスペイン代表MFロドリのゴールで挙げた1点のリードを保ったまま迎えた後半9分だった。

 カウンターを仕掛けたシティは、ペナルティーエリア手前でボールを受けたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが持ち込んでゴール右側からシュート。ボールは惜しくも枠を外れ、ゴールライン上を転がって左コーナーへ一直線に向かっていった。

 しかし、ラインを割る前に、ボールボーイを務めた少年がピッチ内に右足を伸ばしてボールを自分の方へ引き寄せ、拾い上げてしまった。まだインプレーにもかかわらずボールに関与してしまったため、試合が一時中断となり、両チームの選手がケビン・フレンド主審に状況説明を求める場面も。結局、ドロップボールでプレーが再開されることになった。

 英紙「デイリー・メール」は、「少年はコーナーフラッグに向かって飛んだシュートを拾い上げ、ハマーズ(ウェストハムの愛称)のGKウカシュ・ファビアンスキに戻そうとした。しかし、ボールはまだラインを割っていなかった」と状況描写。「ミスを犯したことに気づいたボールボーイはショックを受けた表情を見せていたが、シティのスタッフが駆け寄り、肩を叩きながら慰めた。ソーシャルネットワークは少年への同情とジョークで溢れ返った」と綴り、SNS上のコメントを紹介している。

「その少年は今夜、ウェストハム最高のディフェンダーだった」
「ボールボーイはシティの選手の大半よりも良いボールタッチだった」
「またVARがミスを犯した!! そのボールボーイはレッドカードに値する。少なくともイエローカードだった」

 ボールボーイの少年にとっては、勝敗を左右するプレーにならなかったことは救いだったかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド