ユーベ、仏代表MFポグバ獲得へ180億円オファーか 2選手が高額移籍トレード要員に

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

MFラビオ、MFラムジーを含めた180億円オファーをユナイテッドに提示へ

 ユベントスは、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの再獲得への動きを強めている。フランス代表MFアドリエン・ラビオ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーをトレード要員に据える計画があるようだ。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

 負傷が続いているポグバは、今季限りでユナイテッドを離れる可能性が高まっており、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、26歳のフランス人を戻すプランを練っていると報じていた。

 そんななか英紙「デイリー・メール」は、ユベントスがポグバ再獲得に向け、ラビオとラムジーを含めた総額1億2500万ポンド(約180億円)のオファーをユナイテッドに提示する見込みと伝えている。

 ラムジーとラビオは、それぞれ今季の開幕前に前所属クラブと契約が満了を迎えたため、移籍金ゼロでユベントスへ加入。しかし、新天地では爪痕を残すことができず、定位置を獲得できていない。

 1月の移籍市場ではエバートンとアーセナルがラビオの獲得にも動いていたが、移籍は実現しなかった。一方のラムジーはユベントスに加入してから負傷に苦しみ続けている。

 ポグバの代理人であるミノ・ライオラ氏は、「イタリアは彼にとって第2の故郷のようなものであり、戻りたがっている。ネドベドとは、ポールのことを含めて様々な話をしている」と、明かしている。

 ユナイテッドはポグバの移籍金を1億ユーロ(約119億円)に設定したとされており、ユベントスの計画は、その報道後に練られたものだという。来月のマンチェスター・ダービー出場に向けて、足首の負傷からの復帰を目指しているとされるポグバだが、ダービーを戦う姿はこれが見納めになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング