「マンC×ウェストハム」戦が悪天候で延期 大型の嵐直撃で最大風速144km/hに到達か

悪天候のエティハド・スタジアム(※写真は2016年のもの)【写真:Getty Images】
悪天候のエティハド・スタジアム(※写真は2016年のもの)【写真:Getty Images】

大型ストーム”Ciara”の影響で英国は大雨や暴風に見舞われ、安全性を考慮して試合延期

 プレミアリーグは現地時間9日に予定されていた第26節のマンチェスター・シティ対ウェストハム戦が悪天候の影響により延期になったと発表した。

 現在、英国では“Ciara”と名付けられた大型ストームの影響で、大雨や暴風に見舞われている。9日(日本時間10日午前1時半)にマンチェスター・シティの本拠地エティハド・スタジアムでの開催が予定されてた試合の開催は安全性を考慮し、延期となった。

 英ラジオ「talkSPORT」によれば、イギリス国内では最大風速が時速90マイル(144キロ)にも到達する見込みで、各地で竜巻警報なども出ているという。英国では過去7年で最大規模のストームとも伝えられ、フライトもすでに約200便が欠航になったという。

 プレミアリーグは延期後の日程は追って発表すると公式サイトで伝えている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング