香川真司が負傷交代、サラゴサ監督は軽傷願う 「“タイヤがパンクした”状態では…」

負傷交代したMF香川【写真:Getty Images】
負傷交代したMF香川【写真:Getty Images】

フエンラブラダ戦で3試合ぶり先発も前半36分に退く

 サラゴサのMF香川真司は、現地時間8日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第27節フエンラブラダ戦に3試合ぶりの先発出場を果たした。しかし右ハムストリングの負傷によって、前半途中でピッチを去る不本意な結果に。スペイン紙「AS」によると、ビクトル・フェルナンデス監督は大事に至らないことを願っているようだ。

 香川はFWルイス・スアレスと縦関係を作るようなポジショニングでキックオフの笛を聞くと、サラゴサは早々にPKを得た。これをスアレスが失敗してしまったものの、まずまずの試合の入りを見せたかと思ったが、次にイレギュラーな事態が起こったのは香川だった。前半36分にMFアレックス・ブランコと突然の交代となり、浮かない表情でベンチへと下がった。

 香川を早い段階で欠くことになったサラゴサは、その後もVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるゴール取り消しなどもあり、スコアレスドローで試合を終えた。2試合連続で勝ち点1に終わった試合後、指揮官は「最大級のエネルギーで42試合をこなすことは不可能だ」と、PK失敗のスアレスを擁護するとともに、香川の状態についてこのように話している。

「右脚の裏側が引きつってしまったのだと思う。(その状態が起きたのは)試合開始から10~15分くらいで、そこからすでに違和感を持っていたようだ。彼自身はもう少しピッチに立とうとしたが、プレーを続行させることはできなかった」

 大事をとって交代をさせる決断を下したことを明かしている。ただしその一方で、「彼自身は“タイヤがパンクした”状態ではなく、状態が良ければ深刻なものではないと言っている」と、大事には至っていない可能性を示唆している。スペイン国王杯レアル・マドリード戦(0-4)で好プレーを見せるなど、香川は評価を再び高めつつある状況だっただけに負傷離脱は痛いが、1部昇格を目指すチームにあって早期の戦列復帰ができるかが焦点となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング