神戸イニエスタ、絶妙アシストで初優勝貢献! なでしこ川澄が感嘆「今日も巧い」

なでしこジャパンFW川澄奈穂美がヴィッセル神戸MFイニエスタを絶賛した【写真:Getty Images&石倉愛子】
なでしこジャパンFW川澄奈穂美がヴィッセル神戸MFイニエスタを絶賛した【写真:Getty Images&石倉愛子】

J1王者・横浜FMと3-3の打ち合い、神戸がPK戦を制して初優勝

 富士ゼロックス・スーパーカップが8日に埼玉スタジアムで開催され、天皇杯王者のヴィッセル神戸が2019年J1リーグ優勝の横浜F・マリノスと対戦し、3-3の末にもつれ込んだPK戦を3-2で制し、同大会初出場で初優勝を果たした。神戸の先制点をアシストし、驚愕のボールキープや絶妙ループパスを披露した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに対して、なでしこジャパン(日本女子代表)FW川澄奈穂美が「今日も巧い」と感嘆の声を漏らしている。

 J1王者の横浜FMは昨季MVPの日本代表FW仲川輝人やFWマルコス・ジュニオールら主力がスタメンに名を連ねるなか、新加入FWオナイウ阿道が先発。一方の神戸もイニエスタ、日本代表FW古橋亨梧らに加えて、新たな得点源として期待される新加入FWドウグラスがスタメンに名を連ねた。

 試合が動いたのは前半27分だ。敵陣左サイドでボールを得たイニエスタが中央へドリブルすると、相手DF2人に行く手を阻まれるも、その間を軽く浮かせたスルーパスを供給。絶妙なタイミングで走り込んだドウグラスが左足を振り抜き、移籍後初ゴールを叩き込んだ。

 その後は打ち合いの様相を呈して、3-3のままPK戦に突入。PK戦では2人目まで両者とも成功したが、先行の横浜FMと後攻の神戸はともに3人目から9人連続で失敗。最終的に7人目のMF山口蛍が決めて、神戸が3-2でPK戦を制した。

 フル出場したイニエスタは1アシストに加え、相手に囲まれながらも卓越したボールキープ力を見せつけ、古橋に絶妙なループパスを送ってチャンスを演出。そんな名手のプレーに反応したのが、なでしこジャパンの川澄だ。自身のツイッターで「イニエスタは今日も巧いです」と賛辞を送っている。

 随所に存在感を示したスペイン人司令塔もピッチ上で歓喜を爆発させ、神戸の大会初優勝に酔いしれていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング