サッカー界で「東洋人嫌悪」拡大 海外紙懸念「コロナウイルスより早く広がっている」

コロナウィルス拡大で人種差別を受けた韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】
コロナウィルス拡大で人種差別を受けた韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】

スペインで武漢卓爾との親善試合が中止 海外紙が指摘「医学的な理由はない」

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスが世界へ広がるなか、欧州サッカー界では「人種差別」が懸念されている。香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「ウイルスよりも東洋人嫌悪が早く広がっている」と報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスは中国国内だけでなく、いまやアジアをはじめ世界28の国と地域に広がっており、WHO(世界保健機関)も感染者増加に危機感を募らせている。そんななか、欧州での出来事が注目を集めており、香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「コロナウイルスよりも東洋人嫌悪が早く広がっている。サッカーも例外ではない」と指摘した。

「これまでのところ最も注目すべきは、スペインでのプレシーズンキャンプで、欧州の二つのクラブが中国・武漢卓爾との親善試合中止を決めた。これに医学的な理由はない。選手たちは先週マラガに到着した時、スペイン当局によって許可された。彼らは1月2日以来、武漢にはいなかった」

 発生源とされる湖北省武漢市を本拠地とする武漢卓爾だが1月2日から離れていた。新型コロナウイルスの最大潜伏期間は約14日間と言われており、スペイン当局からも入国を許可されていた。しかし、不安だけが膨らみ続け、親善試合も一方的にキャンセルされる形となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング