英国のEU離脱、プレミアリーグに影響か FAの“性急なプラン”に反発と現地報道

英国のEU離脱がプレミアリーグに影響か(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
英国のEU離脱がプレミアリーグに影響か(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ホームグロウン選手の登録人数を巡り、FAとプレミアリーグで議論が平行線を辿る

 隆盛を極めるイングランド・プレミアリーグだが、そのあり方が変化していく可能性があるようだ。英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、FA(イングランドサッカー協会)は選手登録枠に関する変更を検討。その案に対してプレミアリーグが反発しているという。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨年12月に行われた英総選挙でボリス・ジョンソン首相が率いる与党の保守党が圧勝。EU離脱を訴えていたジョンソン首相を中心とする保守党が圧勝したことで、1月31日付での“ブレグジット”が決定した。

 世界最高峰のプレミアリーグにも、今回のEU離脱の影響を与えそうだ。「デイリー・メール」は「サッカー界のブレグジット闘争:プレミアリーグがFAの性急なプランに怒り」と見出しを打ち、現状を報道。FAは英国人選手の登録必要人数の変更を検討しており、ホームグロウン(21歳までに自国クラブで3年間を過ごしている選手)以外の選手の登録上限を25人中「17」から「13」に引き下げようとしているという。同紙は次のように記している。

「プレミアリーグはFAのプランを“性急”かつ“場当たり的”と捉えており、共通の目的からも外れていると見ている。プレミアリーグはFAの決定が世界最高のリーグというステータスを害する可能性があると考えており、法的手段も辞さない構えのようだ。FAがプランを強行すれば、イングランドのクラブは欧州の大会で苦しむことになるとも考えられている」

 FA側の考えとしては、他国に比べて重要なポジションで英国人選手が育っていない傾向があるとして、今回のプランを立案したとのこと。一方のプレミアリーグ側は、18歳から20歳の英国人選手の出場機会は他国とほぼ同じで、21歳の時点で大きな差が付いていることを指摘。現行のU-23リーグを廃止し、Bチームによるリーグ戦の導入を提案するなど、互いの主張は平行線を辿っているという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」