「瞬間的に怯えさせた」 香川、レアルを脅かすひと振りに海外注目「ゴールに値した」

レアル・マドリード戦にフル出場したサラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
レアル・マドリード戦にフル出場したサラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

サラゴサはレアルに0-4で完敗を喫したなか、先発フル出場の香川は随所で存在感

 スペイン2部サラゴサのMF香川真司は現地時間29日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ラウンド16のレアル・マドリード戦に先発フル出場。チームは0-4の大敗を喫したなか、海外メディアは「香川の一撃が瞬間的に怯えさせた」と評価している。

 香川はコパ・デル・レイ3回戦のマジョルカ戦(3-1)でも先発し、日本代表MF久保建英との“日本人対決”を制してレアルへの挑戦権を手にした。試合は開始早々の前半6分に先制点を献上。同23分には香川がペナルティーエリア付近から左足を振り抜きレアルのゴールマウスを襲うが、相手GKアルフォンス・アレオラの好セーブに阻まれてしまう。

 前半32分、後半27分、同34分にネットを揺らされ、結果的に4失点の大敗を喫したが、香川は格上相手に随所で存在感を発揮した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は香川のシュートの場面に言及。ボールはブロックに来たレアルのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの足に当たって微妙にコースが変わったが、「アレオラが香川を拒絶する才能を光らせた」と相手GKを称えている。

 それでも、「香川の一撃が瞬間的に怯えさせた」「香川はゴールに値した」と、日本人アタッカーも評価している。移籍当初はチームの中核を務めたものの、徐々に失速していた香川だが、完敗のなかで“白い巨人”相手に意地を見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング