フィルミーノは「この世のものとは思えない」 南野とポジション重なる3選手を英紙絶賛

南野とポジションが重なるFWフィルミーノ、FWオリギ、MFチェンバレン、【写真:Getty Images】
南野とポジションが重なるFWフィルミーノ、FWオリギ、MFチェンバレン、【写真:Getty Images】

南野はウェストハム戦で出番なし オリギとチェンバレンが結果残す

 リバプールは未消化分のプレミアリーグ第18節でウェストハムと対戦し、敵地で2-0と勝利を収めた。日本代表MF南野拓実はベンチ入りするも出場機会は訪れなかったなか、最前線で先発したブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに対し、英メディアは「この世のものとは思えない出来」と絶賛。南野とポジションの重なる3人に対して高評価を与えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールはクラブ・ワールドカップ(W杯)の兼ね合いで12月に行われる予定だったウェストハム戦が延期となっていた。エースの一角を務めるセネガル代表FWサディオ・マネが負傷離脱となっていたものの、代役として先発したベルギー代表FWディボック・オリギが前半35分にペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。エジプト代表FWモハメド・サラーが冷静に決めて先制した。

 後半7分にはカウンターからサラーが絶妙なスルーパスを供給し、フリーで受け取ったイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが相手GKとの1対1を決め、試合を決定づける追加点を奪った。リバプールはこの日の勝利で2位マンチェスター・シティに勝ち点19差をつけ、独走態勢に突入している。

 そんななか、英地元紙「リバプール・エコー」は10点満点の採点で、先制点となるPKを演出したフィルミーノに対し、最高評価となる9点を与えている。「前半は巧みにボールをキープし、リバプールのベストプレーの中核を担った。見事なボールキープからオリギのPKも引き出した。後半はゴールまであと一歩に迫り、この世のものとは思えない出来だった」と“偽9番”としてのパフォーマンスを絶賛している。

 また、英紙「デイリー・スター」はPKを奪取したオリギに8点を付け、「マネの代役として悪くなかった」と評価し、英紙「デイリー・ミラー」は追加点を決めたチェンバレンに対し同様に8点を与え、「力強く、直進する走り込みから落ち着いたフィニッシュだった。彼の批判に対して素晴らしい回答を示した」と称えた。

 オリギは最前線とウイング、チェンバレンはインサイドハーフとウイングを務めることから、フィルミーノを含め、南野にとってはポジションの重なるライバルでもある。結果を出した3人を相手に、南野は少しでも出場時間を掴み取る必要があるが、難しい試練となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」