サラゴサ、国王杯レアル戦は0-4完敗 香川はトップ下でフル出場も、得点には絡めず

レアル戦でフル出場したMF香川真司【写真:Getty Images】
レアル戦でフル出場したMF香川真司【写真:Getty Images】

ラウンド16でサラゴサ対レアルが実現 香川はチャンス演出もゴールは奪えず

 MF香川真司の所属するサラゴサは現地時間29日、スペイン国王杯ラウンド16でレアル・マドリードと対戦。0-4の完敗を喫し、同大会からの敗退が決まった。。

 この日、香川はトップ下で先発出場。ホームで下剋上を狙うサラゴサだが、前半6分にレアルのフランス代表DFラファエル・ヴァランに先制点を奪われる。その後は徐々にリズムを取り戻し、同23分には香川がペナルティーエリア付近での仕掛けから左足を振り抜き、フランス代表GKアルフォンス・アレオラにセーブを強いるなど押し返す。しかし同32分、スペイン代表FWルーカス・バスケスに決められて2失点目を喫し、0-2でハーフタイムを迎えた。

 後半はレアルが試合をコントロールする形になり、立ち上がりは互いに見せ場の少ない展開に。まず1点の欲しいサラゴサは同13分にFWルイス・ルアレス、FWアレハンドロ・サンチェスを投入。攻撃の迫力が増強され、同18分には香川がチャンスを迎えたが、左足のシュートは枠の上へ。すると同27分にはレアルのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールにゴールを奪われ、リードを3点に広げられた。

 ホームで一矢報いたいサラゴサは、同33分には香川のスルーパスからスアレスが抜け出したが、ゴールネットを揺らすことはできず。直後の同35分にはフランス代表FWカリム・ベンゼマにダメ押しの4点目を決められ、万事休すとなった。

 大歓声を背に最後までアグレッシブな姿勢を貫いたサラゴサだが、レアルの壁を打ち破ることはできず。0-4の敗戦で今季のスペイン国王杯からの敗退が決まった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング