「南野がサラーの犠牲者に」 “自己中心的”なエースを海外糾弾「決定機を迎えたはず」

リバプールFWサラー(左)と南野【写真:Getty Images】
リバプールFWサラー(左)と南野【写真:Getty Images】

プレミアデビューを飾った南野 海外メディアは利己的なプレーを見せるサラーを批判

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が途中出場でリーグ戦デビューを飾った。一方、海外メディアは「南野が自己中心的なサラーの犠牲者になる」と見出しを打って、エジプト代表FWモハメド・サラーと南野に脚光を当てている。

 1月1日付けで加入した南野は第22節トットナム戦(1-0)、第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬ形でその瞬間が訪れる。前半8分に幸先良く先制するも、同33分にマネが負傷。緊急事態で南野は声をかけられ、プレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。

 5日のFA杯3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野は最初左に配置されていたが、後半から右サイドハーフのポジションに入れ替わった。後半6分にカウンターから失点するも、同39分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決勝点。リバプールは22勝1分で無敗を維持しており、1試合消化の少ない状況で2位マンチェスター・シティと勝ち点16差をキープしている。

 一方、米放送局「CNN」インドネシア版は「南野が自己中心的なサラーの犠牲者になる」と見出しを打ち、試合中のワンシーンに注目している。前半アディショナルタイム、右サイドでボールを受けたサラーがゴールに向かって爆発的なスピードでドリブル突破を敢行。ペナルティーエリア内に南野がフリーで走り込み、パスを要求したが、サラーは強引にシュートに持ち込み、結果的に相手DFのブロックに阻まれてしまった。

 南野へのパスではなく、可能性の低いシュートを選択したサラーに対し、記事では「もしサラーが利己的でなければ、状況は異なっていたかもしれない。マークなしで構えていた南野は、サラーからパスを受けていれば、ゴールを奪う決定機を迎えていたはずだった」と指摘。さらに「このエゴイズムは今に始まったことではない」と、サラーがフォア・ザ・チームの精神に欠けていると糾弾している。

 前節のユナイテッド戦では個の力で追加点を奪ってみせたサラーだが、南野のデビュー戦においては批判の声も上がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング