ストライカーの“後継者”を探すバルサ スペイン代表FWに照準…移籍金73億円超か

戦列を離れたスアレス(左)の代役候補に挙がるバレンシアFWロドリゴ・モレノ【写真:Getty Images】
戦列を離れたスアレス(左)の代役候補に挙がるバレンシアFWロドリゴ・モレノ【写真:Getty Images】

ヴェルナーやオーバメヤンも候補に挙がるなか、ロドリゴが最有力候補と現地紙が報道

 リーガ・エスパニョーラで首位に立つバルセロナは、今冬の移籍市場でストライカーの獲得を狙っているようだ。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷離脱したなか、クラブは複数の選手をリストアップ。バレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノに照準を絞ったとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 バルセロナの得点源として活躍するスアレスが12日に右膝外側半月板を負傷。手術を行い、4カ月以上の離脱が見込まれている。そのなかでバルセロナはロドリゴに白羽の矢を立て、今冬の獲得を画策しているようだ。

 キケ・セティエン新監督のプレースタイルにフィットすると考えられている一方、今冬に獲得するとなれば移籍金がネックとなる。バレンシアは最低でも6000万ユーロ(約73億円)を求めている模様。昨夏の補強により1億2400万ユーロ(約151億円)をねん出する必要があるバルサにとって、高額な移籍金は頭痛の種となりそうだ。

 バルセロナは、ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリック・オーバメヤンもリストアップ。しかし、両クラブは彼らを手放すつもりはないようだ。

 バルセロナは昨季6カ月の期限付き移籍でガーナ代表FWケヴィン・プリンス・ボアテングを獲得したが、想定ほどの働きを見せないまま終わった。同様の失敗を避けるべく、実績のあるストライカーの獲得に動いているが、それ相応のコストを要する。

 25日には、ロドリが所属するバレンシアと対戦するバルセロナ。スアレスの長期離脱が決まったなか、この難局をどのように切り抜けるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング