「我慢は限界」 アーセナルDF、PK&退場誘発ミスを英紙酷評「大ポカのカタログに…」

バックパスで失点のきっかけを作ってしまったアーセナルDFムスタフィ【写真:Getty Images】
バックパスで失点のきっかけを作ってしまったアーセナルDFムスタフィ【写真:Getty Images】

ムスタフィがチェルシー戦で犯したバックパスのミスに非難が集中

 アーセナルは現地時間21日、プレミアリーグ第24節チェルシー戦に敵地で臨み、2-2で引き分けた。“ビッグロンドン・ダービー”は退場者を出しながらも終盤に追いつく劇的な展開となったが、劣勢の原因となった元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのプレーに非難が集中している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は前半26分にブラジル代表DFダビド・ルイスがPKを与えるとともに退場処分を受け、早々にアーセナルは不利な状況に立たされる。このPKから先制され、常に先行を許す展開となったものの、2度にわたって追いついて2-2のドローに持ち込んだ。

 結果的にD・ルイスがPK献上と退場処分の汚名を着せられることとなったが、原因となったのはムスタフィの中途半端なバックパスだった。ドイツ代表GKベルント・レノに対するパスは弱く、チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハムに奪われる。飛び出したレノはエイブラハムを止め切れず、ギリギリで戻ってきたD・ルイスが手で押し倒すことになり、レッドカードとPKが宣告された。

 試合の流れを大きく変えたプレーは現地で物議を醸している。英紙「ザ・サン」は「アーセナルは今すぐにムスタフィを放出すべきだ。さもなくば彼は契約が切れる瞬間までミスを犯し続ける」と見出しを打ち、今回のプレーに言及。「シュコドラン・ムスタフィのチェルシー戦での記念碑的ミスで、すでに我慢は限界に達した。アーセナルDFはダビド・ルイスの退場とPKを誘発し、大ポカのカタログに新たなページを加えている」と酷評した。

 また、英メディア「フットボール・ロンドン」は「ムスタフィは間違った理由で見出しになり続けている。チェルシー戦での注目を浴びるミスで、チームは失点して10人での戦いを強いられた」と伝えている。さらに衛星放送「BTスポーツ」のハーフタイム分析を引用し、「ルイスにとってもベストの結果ではなかったが、彼のパートナーによるミスだったとされている」として、退場処分を受けたD・ルイスに同情的だった。

 最終的に敵地で勝ち点1を得たものの、長い時間を10人で戦うことを強いられたアーセナル。その発端となったムスタフィのプレーには、厳しい目が向けられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も