U-23日本代表、まさかの早期終戦! 終盤に痛恨失点、シリアに1-2黒星で敗退決定

同点ミドルを放ったMF相馬勇紀【写真:Getty Images】
同点ミドルを放ったMF相馬勇紀【写真:Getty Images】

MF相馬のゴールで一時同点に追いつくも、終盤に痛恨の失点で敗退

 タイで開催されているU-23アジア選手権で、日本は現地時間12日のグループリーグ第2戦でシリアと対戦。序盤にPKで先制点を許した一方、MF相馬勇紀が同点ゴールを挙げたが、試合終盤に失点し1-2で敗れてグループステージ敗退が決まった。

 初戦サウジアラビア戦を1-2で落とした日本は、このシリア戦に敗れるとグループステージ敗退が決まる背水の陣となった。中2日で迎えた一戦に森保一監督は6人のスタメンを変更し、必勝を期して臨んだ。

 その森保ジャパンだが、いきなり苦しい状況に直面する。前半5分、シリアからカウンターを受けるとGK大迫敬介がコーナーキックに逃れたが、その左コーナーが中央に入ってきたところで低いボールをヘディングにいったDFアルナウトに対して、DF町田浩樹が遅れて蹴るというプレーが生まれた。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で映像確認されると主審はPKの判定。これを相手FWバラカットに決められ、同9分に0-1のビハインドとなった。

 日本はボール保持率こそ高いものの縦パスが流れてしまう場面や、前線でコンビネーションが合わない場面が多発。ペナルティーエリアの中に入っていくところで問題を抱えた。それでも日本は同30分、波状攻撃を仕掛けると左サイドからカットインしてミドルシュートを放った相馬が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びミドル。これがニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いつき、ハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると日本は前半の半ば過ぎからと同様にボール保持率を高めて敵陣に侵入。前半よりもシュートの意識は高まっていたものの、相手DFが前に立っていてブロックされる場面が目立った。決定機とまでは言えない状態が繰り返され、森保監督は同22分には初戦でゴールしたMF食野亮太郎に代えてFW田川享介を投入した。

 そして日本は同37分に右サイドからMF橋岡大樹がGKと最終ラインの間に速いクロスを入れ、フリーでFW上田綺世が飛び込んだがシュートを枠内に抑え込むことができず。決定機を逃した日本は勝ち越しゴールを奪えず。逆に同43分、カウンターを受けた日本は中盤を素早いパス交換で突破されるとFWダリにドリブルで持ち込まれ、大迫との1対1をきめられて1-2とされ、2戦連続して試合終盤の失点で敗れた。

 この結果、2連敗の日本はこの日の結果で勝ち点4としたサウジアラビアとシリアを下回ることが決定し、グループステージ敗退が決まった。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング