広島加入の“浅野弟”、定位置取りへ描く理想像 「メッシみたいに分かっていても…」

「レギュラーを取るのは簡単ではないかもしれないけど、点を取ることにこだわりたい」

 広島ではウイングバックとシャドーが主戦場候補だが、どちらもポジション争いは熾烈。特に左サイドは昨季チームトップの8得点を挙げたMF柏好文が君臨し、レギュラーを奪い取るのは簡単なミッションではない。それでも浅野は、「自分にしかできないことをやるだけ」と一切引くつもりはない。

「柏選手はライバルとしても、1人の選手としても吸収するところはたくさんあります。レギュラーを取るのは簡単ではないかもしれないけど、点を取ることにこだわってやっていきたいです。サイドでは(左利きなので)どちらかと言うと、右のイメージが自分の中であります。シュートを打ちたいというのがあるので。でも、縦に行く自分の特徴を生かすのなら左なのかなと。メッシみたいに左(足で来る)と分かっていても、取られないような選手にならないといけないと思います」

 来たる新シーズン、兄・拓磨同様に「海外でサッカーをしたい」という野望を持つ“二代目ジャガー”が、広島の地を颯爽と駆ける姿を目にすることができそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング