リバプールが偉業達成! 開幕21戦無敗、勝ち点「61」は欧州5大リーグ史上初

リバプールはFWロベルト・フィルミーノ(左)のゴールでトットナムに勝利【写真:AP】
リバプールはFWロベルト・フィルミーノ(左)のゴールでトットナムに勝利【写真:AP】

南野のデビューお預けも…トッテナムに1-0勝利 20勝1分、2位に勝ち点16差をつけ首位独走

 プレミアリーグ首位を独走するリバプールは現地時間11日、第22節トットナム戦に臨み1-0で勝利した。日本代表MF南野拓実のリーグ戦デビューこそお預けになったものの、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝と同カードの一戦で勝利。この勝利がヨーロッパ5大リーグにおいて初となる歴史的記録を作ったと、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この日もアウェーながら押し気味に試合を進めるリバプールは、前半37分にスコアを動かす。MFジョーダン・ヘンダーソン、FWモハメド・サラーとつないだボールを、最後はFWロベルト・フィルミーノが左足シュート。中盤と前線が噛み合った一撃で先制に成功した。

 後半も何度かチャンスを作ったものの追加点は奪えず、ラスト10分でトットナムにビッグチャンスを許したものの、リバプールは最少得点差で逃げ切った。トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督が「後半にプレッシャーを強めた分、ゴールを決めるチャンスがあった」と振り返るように、内容的には僅差だったことは事実だが、勝ちきれるのが今のリバプールの凄みだろう。

 実際、その強さは数字にも表れている。「スカイ・スポーツ」によると、リバプールは今季21試合で20勝1分。トータルで稼いだ勝ち点は「61」にも及んでいるが、これはプレミアだけでなくヨーロッパ5大リーグで見渡しても史上初となる歴史的記録だという。いわゆる「2強」とされたリーガ・エスパニョーラのバルセロナやレアル・マドリード、絶対王者であるセリエAのユベントス、ブンデスリーガのバイエルンでも成し遂げていない偉業だ。

 ユルゲン・クロップ監督は「良い部分が多く見えたね。もっと多くのゴールを決められたかもしれないけど」と試合を振り返っている。この日、2位レスターが敗戦したため勝ち点差は「16」に。30年ぶりのリーグ優勝に向けて、まさに順風満帆といった感がある。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」