コートジボワール代表FWザハ、敏腕代理人と契約で名門バイエルン移籍が加速か

ザハのバイエルン移籍は実現するのか【写真:Getty Images】
ザハのバイエルン移籍は実現するのか【写真:Getty Images】

名将ファーガソンの“最後の補強選手”として知られるもマンUでは不完全燃焼

 “ロベリー”の代役となる大物がついにやってくるのだろうか。クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハの新代理人、ピニ・ザハヴィ氏がドイツの名門バイエルン移籍に向けて交渉を開始したと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ザハは昨夏にもアーセナルやエバートンなどへの移籍が噂されていたが、クラブ側が満足するオファーは届かず、クリスタル・パレスに残留していた。しかし、メジャータイトル獲得のためにザハはステップアップを熱望しており、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキらを顧客に持つ敏腕代理人のザハヴィ氏と新たに契約を交わしていた。

 そして早速、世界でも屈指のメガクラブ移籍が浮上している。記事によれば、すでにバイエルン移籍で事前交渉を行っているという。

 合意に向けて動いているが、加入時期に関してはこの冬ではなく、今季終了後になる見込みだという。クリスタル・パレスが要求する移籍金は8000万ポンド(約114億円)とも言われている。

 ザハと言えば、2013年にサー・アレックス・ファーガソン氏の下で行なわれた最後の補強選手としてマンチェスター・ユナイテッドに移籍するも、十分な出場機会を手にすることができず、その後はクリスタル・パレスに出戻っていた。今度こそビッグクラブで成功を収めることができるのか。27歳の去就に注目だ。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」