元得点王・川添孝一氏が見る高校選手権 群雄割拠のトーナメントを制するポイントは?

Jリーグ内定が決まっている静岡学園MF松村優太(左)と帝京長岡FW晴山岬【写真:Football ZONE web】
Jリーグ内定が決まっている静岡学園MF松村優太(左)と帝京長岡FW晴山岬【写真:Football ZONE web】

前年度王者の青森山田など強豪校が名を連ね、高校王者の座を争う

 第98回全国高校サッカー選手権はベスト8が出揃い、白熱した戦いを展開中だ。前年度王者の青森山田(青森)や3人のプロ内定選手を擁する帝京長岡(新潟)など強豪校が、高校王者を決める最後の戦いに臨む。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 “令和最初”の選手権は、どのような大会になるのか。「Football ZONE web YouTube」では、帝京の一員として1980年1月に開催された第58回高校サッカー選手権に参加し、5得点で得点王に輝くとともに、同校の優勝に貢献した川添孝一氏に展望を訊いた(収録は2019年12月24日)。

 前回優勝の青森山田や前述の帝京長岡といったベスト8進出チームだけでなく、すでに敗退してしまった中にも初出場ながら前評判の高かった興国(大阪)、昨夏のインターハイ準優勝校の富山第一(富山)など、実力校が目白押しだった今大会。群雄割拠の選手権で頂点に立つためのポイントを、川添氏は次のように指摘する。

「県の代表が決まってからのコンディション作りだと思います。やり過ぎてもいけない。青森山田の場合は選手権に入るまでに静岡でキャンプをしたりしていますし、上乗せはすごくあると感じています」

 そして、そのコンディション作りにも関係してくるのが選手権の独特な日程だ。12月30日に開幕戦、翌31日に残りの1回戦を行い、年をまたいで2020年1月2日が2回戦となる。2回戦から参加する高校もいるなかで、年を越すために1回戦を勝たなければいけない高校に必要なものは何なのか。

 川添氏は「年が明けてから始まるチームと、先に始まっているチームとでは、プレッシャーの度合いも全然違うと思います」として、メンタリティーの重要性に言及。「力が入るところもあるんですけど、いかに脱力して自分のプレーができるかもポイントになると思います」と続け、過度の緊張よりもリラックスしたプレーが好結果につながるとの見方を示した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」