鹿島新監督、就任リリースに古巣が“驚き”と声明 違約金請求とブラジルメディア報道

ザーゴ氏の監督就任を発表した鹿島アントラーズだが…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ザーゴ氏の監督就任を発表した鹿島アントラーズだが…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

2019シーズンに率いたブラガンチーノが2021年までの契約の有効性を主張

 鹿島アントラーズは2日、ザーゴ氏と2020年シーズンの監督就任について合意に達したと発表した。しかし、2019年に所属していたブラガンチーノが同氏との契約が2021年末まで残っていると主張。違約金請求の構えを見せている。

 ザーゴ氏はブラジル代表として37試合出場3得点の経歴を持ち、1996~97年にかけて柏レイソルでプレーした実績もある。現役引退後は指導者に転身し、国内外のクラブでキャリアを積んできた。2019シーズン途中からブラガンチーノの監督に就任し、チームの1部昇格に貢献している。

 そんななか、鹿島からザーゴ監督の就任リリースが発表された。リリース内でザーゴ監督は「ブラジルのブラガンチーノを1部に昇格させ、忘れられないシーズンが終わりました。今度は鹿島で勝ち続け、シーズン終了後に優勝を手にできているよう、頑張ります」とコメントしているが、ブラガンチーノ側の見解は違うようだ。鹿島からのリリース後、次のような声明が出されている。

「アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は2021年12月まで、ブラガンチーノと契約を結んでいる(1部昇格後に更新)。契約解除に伴う違約金は交渉中だったが、合意には達していない。にもかかわらず、驚くべきことに鹿島アントラーズから監督就任のリリースが出た。監督本人のコメントも添えられている。クラブはこれを辞任宣言と捉え、違約金を請求するつもりだ」

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」によると、想定される違約金は約300万レアル(約8000万円)だという。現状ではブラガンチーノ側の主張のみとなっており、どのような結末を迎えるかは未知数。新天地での挑戦を選んだザーゴ監督にとっては、1日も早く解決したい状況であることは間違いない。

【お詫びと訂正】
 本記事内の違約金の金額に誤りがありました。約3億円となっておりましたが、正しくは約8000万円です。読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びし訂正致します。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング