ウルグアイ代表FWスアレス、バルセロナとの契約延長を示唆 「それは結実するだろう」

バルセロナFWルイス・スアレス【写真:Getty Images】
バルセロナFWルイス・スアレス【写真:Getty Images】

現行契約2021年6月までのなか、1年間の契約延長を希望か

 スペイン1部バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今季もリーグ3位の10ゴールを挙げるなど衰えを感じさせないプレーを見せている。現行契約は2021年6月までだが、本人は契約延長を示唆するコメントを残している。スペイン紙「スポルト」が報じた。

 スアレスは2014年にプレミアリーグの強豪リバプールからバルセロナへ加入。2015-16シーズンには得点王(40ゴール)を獲得するなど、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともに攻撃を牽引してきた。

 スアレスは1月24日に33歳になるが、今季も公式戦21試合で13得点をマークしており、衰えの兆候は見られない。現行契約は2021年6月までだが、今後数年間にわたってバルセロナのトップパフォーマーの1人で居続けられると考えており、新年から始まると目される交渉で契約を1年間延長することを望んでいるという。

「このクラブでとてもハッピーだ。常に自分の最大限を捧げてきた。成績と数字は僕を支えてくれる。仕事をこなせていると思うし、契約の話になればそれは結実するだろう」

 5年間で計190ゴールを挙げているストライカーは、2021年6月以降もメッシとのコンビ継続となるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング