「自分たちのサッカー」を貫くのは正解か 長谷部と鎌田が直面、“持たされる”苦しさ

直近のリーグ戦で"低空飛行"が続いているフランクフルト【写真:Getty Images】
直近のリーグ戦で"低空飛行"が続いているフランクフルト【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ケルンに痛恨の逆転負けで6戦未勝利、フランクフルトで高まる危機感

 フランクフルトらしいサッカーを貫くことは、果たして正解なのだろうか。

 18日に行われたブンデスリーガ第16節、下位に低迷するケルンをホームに迎えた一戦で、フランクフルトは前半に2点を先行しながら後半一気に失速し、2-4と逆転負けを喫した。勝ち点を計算していた相手に負けただけに、失望は大きい。だが負けても仕方がないくらい、外から見てはっきり分かるほどに足が止まり、中盤にはぽっかりとスペースが空き、ケルン選手に生き生きとプレーをさせてしまっていたのが現実だ。

 ケルン戦後のミックスゾーンで、日本代表MF鎌田大地もその点を指摘する。

「みんなやろうとはしてますけど、身体が動いてないというのは明らかだし。2-0となった時に上手くセーブしながらやれば良かったかもしれないですけど、僕たちはそれでも前に前にと行って、間延びして、なかなか難しい」

 11月2日の第10節で、バイエルンに5-1で快勝してからリーグ戦で6試合勝ちがない(1分5敗)。過密日程、疲労の蓄積、主力の負傷……。様々な理由があるが、既存のメンバーとやろうとしているサッカーとの間に、無理が生じているのではないだろうか。

 今季もフランクフルトらしい、パワフルでダイナミックでスピーディーなサッカーを志向し続ける一方で、去年とはメンバーも変わり、これまでとは異なる特色を持った選手も集まっている。そうした選手の特長を出し合えるサッカーへの移行ができずに苦しんでいる。

 鎌田は、正直な心境を口にしていた。

「シーズンが始まった当初は悪くなかったと思う。メンバーは変わって去年とは違うけど、根本的には変わらずにサッカーができていました。ただ今日も2-0から2-1になった瞬間に、精神的にちょっとヤバいかなと思いましたし。完全に走れてないというか、プレスもウチらしく激しくいけてないし、ダラダラ行くようになって相手にやりたいようにやられて。チームのやりたいことが、僕たち選手ができていない。やろうとしてますけど、体力的な部分で動けてなくて。これだけ試合数が多いなかで、ウチのサッカーをやるというのはなかなか難しいと思う」

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング