名将ペップ、“リーグ最高”の司令塔デ・ブライネを大絶賛 「スペクタクル」

今シーズン10アシスト達成のマンチェスター・シティMFデ・ブライネ【写真:Getty Images】
今シーズン10アシスト達成のマンチェスター・シティMFデ・ブライネ【写真:Getty Images】

早くもリーグ戦10アシストを記録するなどチームの攻撃を牽引

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、絶好調のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを「スペクタクル」と大絶賛している。復活を遂げた28歳は今季プレミアリーグですでに10アシストを記録するなど、リーグ最高の司令塔として躍動している。

 デ・ブライネは現地時間21日のプレミアリーグ第18節レスター戦でもシティの攻撃を牽引した。前半14分に強烈なミドルシュートでポストを叩くなどゴールへの脅威を感じさせると、2-1とリード迎えた後半24分には中盤でボールを受けてドリブルで疾走。スピードに乗ってペナルティーエリア内右に侵入すると、正確なクロスをファーサイドへ送り届けてブラジル代表FWガブリエル・ジェズスのゴールをアシストした。

 前節のアーセナル戦(3-0)でも2得点1アシストを記録してシティに勝利をもたらしたデ・ブライネ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、グアルディオラ監督は「彼はスペクタクルだった」とベルギー代表MFの活躍を称賛している。

 デ・ブライネはレスター戦では今季早くも10アシスト目を決めた。同局によれば、このアシストのほか、チャンス創出総数69回、オープンプレーでのチャンス創出50回、アシスト期待値(Expected assist)7.4と、4部門のスタッツでリーグトップの数字を叩き出しているという。さらに前線でプレスの起点となるなど守備面でも見逃せない貢献を見せている。

 昨季は怪我により多くの試合で欠場を余儀なくされたプレーメーカーが、今季は完全復活を印象づけている。逆転優勝を目指すシティにとって欠かせないキーマンと言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド