「韓国との違いを見せつけた」 日本のゴールラッシュを母国紙が警戒「破壊力を誇示」

日本代表は香港代表に5-0で快勝【写真:Getty Images】
日本代表は香港代表に5-0で快勝【写真:Getty Images】

日本は香港に5-0の圧勝 「韓国は攻略に苦戦を強いられた」

 日本代表は現地時間14日、E-1選手権第2戦で香港代表と対戦し、5-0の圧勝を収めた。次戦は優勝を懸けて因縁の“日韓戦”となるが、韓国メディアは日本のゴールラッシュを「破壊力を誇示した」「韓国との違いを見せつけた」と報じている。

 今大会を国内組で構成されたメンバーで臨んでいる森保ジャパンは、2-0で勝利した初戦の中国戦からスタメン11人を入れ替え、今季のJリーグ年間MVPに輝いたFW仲川輝人(横浜F・マリノス)を筆頭に、代表初選出のニューフェイスたちが先発に名を連ねた。

 試合は開始早々の前半8分、MF菅大輝が代表初ゴールを記録し、同14分にはFW田川亨介がヘディング弾を叩き込んだ。同26分にはFW小川航基が右足のミドル弾を沈め、同アディショナルタイムに追加点を奪うと、後半13分にもネットを揺らして、ハットトリックを達成した。

 日本が披露したゴールラッシュに、韓国メディアも注目。韓国紙「マイ・デイリー」は、「日本は香港攻略で韓国との違いを見せつけた」との見出しでレポート。韓国が大会初戦で香港に2-0と辛勝だったことを踏まえ、「日本が破壊力を誇示した。韓国は香港との初戦で、相手守備陣の攻略に苦戦を強いられ、スムーズにいかなかった」と伝えている。

 記事では、「香港は韓国戦と日本戦、どちらも最終ラインを極端に下げないうえで、守備的な戦い方で挑んできた」と指摘し、韓国と日本にパフォーマンスの違いが見て取れたと言及していた。次戦で直接対決を迎えるだけに、韓国は日本に対してより一層の警戒心を強めているようだ。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング