小川航基、“怪物”平山相太以来の快挙 史上3人目の代表デビュー戦ハットトリック達成

代表デビュー戦ハットトリックの快挙を成し遂げたFW小川航基【写真:Getty Images】
代表デビュー戦ハットトリックの快挙を成し遂げたFW小川航基【写真:Getty Images】

東京五輪世代のエース候補が香港戦でハットトリックを達成

 日本代表FW小川航基が、14日のE-1選手権第2戦・香港戦で日本代表史上3人目となる代表デビュー戦ハットトリックの快挙を成し遂げた。

 森保一監督率いる日本は初戦の中国戦(2-1)からスタメン11人を総入れ替えでこの試合に臨んだ。前半8分にDF菅大輝、同14分にFW田川亨介のゴールでリードを奪うなど、序盤から優勢に試合を進めた。

 その後、1トップとして先発した小川が大爆発。2-0で迎えた同26分には素早い反転から右足のミドルシュートを叩き込むと、前半終了間際には菅の折り返しを押し込んで2点目をゲット。そして後半13分にはMF大島僚太の左クロスを頭で合わせて、3点目を挙げた。

 小川はこれで代表初出場でのハットトリックを達成。これは1930年5月25日の極東選手権でのFW若林竹雄(当時・東京帝国大/4ゴール)、2010年1月6日アジアカップ最終予選イエメン戦でのFW平山相太(当時・FC東京/3ゴール)以来、史上3人目の快挙となった。東京五輪世代のエースとしても期待されるストライカーがA代表で鮮烈なデビューを飾った。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング