“代表デビュー”濃厚のDF渡辺剛、攻守両面での貢献誓う 「自分たちのところから…」

E-1香港戦での代表デビューが濃厚の日本代表DF渡辺剛【写真:Football ZONE web】
E-1香港戦での代表デビューが濃厚の日本代表DF渡辺剛【写真:Football ZONE web】

E-1香港戦での代表デビューが濃厚 3バックの一員として攻撃にも意欲

 森保一監督率いる日本代表は現在、韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加している。10日の初戦では中国に2-1の勝利。14日に第2戦の香港戦を控え、13日には釜山市内で前日練習を実施した。DF渡辺剛(FC東京)は「あまり考え過ぎず、自分のペースでやれればいい」と、自然体での“代表デビュー”を誓っている。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用し、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)の代表初ゴールでリードを奪うと、終盤に1点を返されながらも2-1で勝利。重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 7日のJ1リーグ最終節から続く過密日程ということもあり、森保監督は香港戦での大幅なメンバー変更を示唆。3バックの1枚として先発濃厚な渡辺は、「A代表では今まで以上のプレッシャーがあると思うんですけど、あまり考え過ぎず、自分のペースでやれればいいかなと思います」と語り、あくまで自然体で臨むことを強調した。

 3バックの経験は多くないため、「手探りしながら、自分の中で徐々に改善してやりたい」としつつも、4バックとの違いについては「2枚のセンターバックよりも、攻撃の起点になる回数が多いと思う」とイメージを持っている。“本業”の守備で持ち味のカバーリングやヘディングの強さを出しながら、プラスアルファを出していくつもりだ。

「自分たちのところからペースを作って得点につなげられれば一番いい。良い守備から攻撃につなげられれば、自ずと良い攻撃になると思うので、そこは意識しながらやりたいなと思っています」

 また、香港は守備を固めてくることが予想され、そのなかではセットプレーからの得点も重要な要素。渡辺は「セットプレーからの得点は自分も欲しいところですし、チームとしても良い流れになるためには得点が早めに必要」と意欲を見せている。代表デビューでも臆することなく、攻守に積極的な姿勢を見せてくれそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング