森保監督、E-1香港戦での“大幅入れ替え”示唆 「特長を思い切って発揮してもらいたい」

日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】
日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】

E-1初戦の中国戦では2-1で勝利 2戦目は出番のなかった選手が先発か

 森保一監督率いる日本代表は現在、韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加している。10日の初戦では中国に2-1の勝利。14日に第2戦の香港戦を控えるなか、13日には釜山市内で前日練習を実施した。練習後、森保監督は香港戦での大幅なメンバー変更を示唆した。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1のシステムを採用し、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)の代表初ゴールでリードを奪うと、終盤に1点を返されながらも2-1で勝利。重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 7日のJ1リーグ最終節から続く過密日程ということもあってか、中国戦の先発メンバーは試合後の2日間、軽めの調整のみ。森保監督は前日練習後の取材対応で「メディカルの報告を聞いて最終的なメンバーを決めたいと思いますが、練習をしていた選手が中心になると思います」と語り、香港戦での大幅なメンバー変更を示唆している。

 中国戦では今季JリーグMVPのMF仲川輝人(横浜F・マリノス)やベストヤングプレーヤー賞を受賞したMF田中碧(川崎フロンターレ)らが、ベンチのまま試合を終えた。香港戦で“代表デビュー”となる見込みの選手も多く、指揮官は「選手たちが持っているそれぞれの特長を思い切って発揮してもらいたい」と期待を懸けている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング