「もっと動け!」 長谷部誠が攻撃陣を叱咤、払拭されない停滞感の理由とは?

自チームの攻撃力不足を指摘したフランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】
自チームの攻撃力不足を指摘したフランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ヘルタと2-2ドローのフランクフルト、またも流れのなかからゴール奪えず

 フランクフルトが流れのなかでゴールを奪えないでいる。

 現地時間11月28日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節アーセナル戦では、日本代表MF鎌田大地が素晴らしいゴールを挙げたが、ブンデスリーガでは第11節フライブルク戦(0-1)、第12節ヴォルフスブルク戦(0-2)とそれぞれ無得点、第13節マインツ戦(1-2)、そして12月6日に行われた第14節ヘルタ・ベルリン戦(2-2)で挙げた得点は、どれもCKから生まれたもの。セットプレーが武器というのは、決して悪いことではない。拮抗した試合で貴重な得点源となるものを持っているのは、間違いなくチームとしての一つの強みだ。ただ、セットプレーからしか点が取れないようだと、コンスタントに結果を残していくのは難しい。

 その点に関してアディ・ヒュッター監督は、FWゴンサロ・パシエンシアとFWアンドレ・シウバの2トップの動きを例に挙げ、「前線の動きが良くない。2人が同じようなポジションにただいるだけでは相手にとって怖くない」とヘルタ戦後に言及。攻撃パターンが少なければ、相手も守備対応はしやすい。本来大きな武器になるはずの左サイドでプレーするMFフィリップ・コスティッチからの突破も、ヘルタ戦では引っかかることが多かった。

 元日本代表MF長谷部誠も、そのあたりを試合後に指摘していた。

「攻撃の部分では、やはりウチの左サイドは武器ではあるんですけど、相手もそこは間違いなく研究してきている。今日なんかも、途中からは2人で、相手もあそこは厚みをもって守備をしていた。そうなった時に、自分たちがもっと攻撃のバリエーションを持たないと厳しいと思う。左だけじゃなくて右、あとは真ん中のコンビネーションによる崩しとか。最近は(攻撃の)ハーモニーがないっていう風に言われているんですけど、実際そのとおりで、もう少し前のところでコンビネーションができてくれば、いいなとは思っているんです」

 ヘルタは、前線から激しくプレッシャーをかけてきたわけではない。3バックのセンターでプレーする長谷部の両脇では、常にDFアルマミ・トゥーレかDFマルティン・ヒンターエッガーがフリーで空いていることが多かった。ただ、そこから上手く前にボールを運べない。相手はそこにパスが出てくることを想定した守備をしているのに、正直にそのサイドから攻撃をしてしまえば、どうしたって詰まってしまう。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング