「南野は最高級」 リバプール公式も注目したダイナミックな動き「脅威をもたらす」

CL16強は逃すも…欧州最高峰の舞台で輝きを放つ

 奮闘していたザルツブルクだが、後半11分、元ザルツブルクの2人に仕事をされる。セネガル代表FWサディオ・マネからMFナビ・ケイタのヘディングシュートで先制を許した。その直後、ザルツブルクの焦りをリバプールのエース、エジプト代表FWモハメド・サラーが見逃さずに抜け出すと、右サイドの角度がない位置から追加点を決めた。

 勝利に向けて3点が必要となり、絶望的な状況となったザルツブルク。それでも南野は後半27分、ファーサイドからのクロスを受けて際どいシュートを放つなど、アタッカーとしての高い能力を見せたと言えるだろう。

 CLベスト16進出は逃したものの、欧州最高峰の舞台で輝きを放った南野。グループ3位となったザルツブルクはUEFAヨーロッパリーグに回るが、新たな舞台での躍進に期待したいところだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング