「これぞリバプール」 サラーの3人“無力化”ヒールアシストに称賛の嵐「美しい」「一流」

リバプールFWモハメド・サラーが攻撃を牽引【写真:Getty Images】
リバプールFWモハメド・サラーが攻撃を牽引【写真:Getty Images】

ボーンマス戦でケイタが今季初ゴール、華麗な連係にクラブ公式SNSが注目

 リバプールは現地時間7日にプレミアリーグ第16節の敵地ボーンマス戦に臨み、3-0と快勝した。これでリーグ戦7連勝、開幕からの無敗記録を「16」に伸ばし、首位を快走している。クラブ公式インスタグラムは、この一戦で勝利を手繰り寄せるゴールとなった2点目のシーンに注目。「実に素晴らしい」と、アシストをしたエジプト代表FWモハメド・サラーと、ゴールを決めたギニア代表MFナビ・ケイタを称賛している。

 敵地でのゲームでも、無敗街道をひた走るリバプールの勢いは止まらなかった。前半35分、自陣でのビルドアップからMFジョーダン・ヘンダーソンが約50メートルのロングフィードを前線に送ると、これに反応して裏のスペースに飛び込んだMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが体を投げ出しながら合わせて先制した。

 これで流れを引き寄せたリバプールは、同44分に華麗な連係から2点目を奪う。敵陣右サイドでボールを受けたDFトレント・アレクサンダー=アーノルドは、ワンタッチで左斜め前に進出していたケイタへパスを送る。ケイタは素早く前を向くとドリブルを開始。ペナルティーエリア手前で相手最終ラインと対峙すると、中央のサラーへとボールを通した。サラーはゴールと2人の相手DFを背にしながらトラップしタメを作ると、左から相手がもう1人吸い寄せられた瞬間を見計らい左足でヒールパス。完全にフリーでペナルティーエリア内へ侵入していたケイタにパスが通ると、今季リーグ戦で初の先発出場となったギニア代表MFは、巧みなアウトフロントキックで今季初ゴールを奪った。

 リバプール公式インスタグラムは、このシーンの動画を「サラーのアシスト、ケイタのフィニッシュ。実に素晴らしい」との一文を添えて投稿。コメント欄では「偉大なアシスト」「卓越している」「エジプトの王」「ワールドクラスのアシスト」「一流」などサラーの技ありヒールパスを称えるものや、「美しいフットボール」「これぞリバプール」とチームとしての展開力を称賛する言葉が多く並んでいた。

 また、同日に優勝争いの最大のライバルと目されていた3位マンチェスター・シティが、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチに1-2で敗戦。勝ち点差が「14」に開いたことから、「まだ負け知らず」「タイトルレースは終わった?」といった声も上がっていた。充実の内容でボーンマスを3-0で破り、首位を快走するリバプールは、このままシーズンを駆け抜け1992年のプレミアリーグ発足以降、初めての頂点に立つことができるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド