5チームが争う熾烈なJ1残留争い 前半終了時点で16位湘南がプレーオフ行きの危機

湘南ベルマーレのDF岡本拓也【写真:Getty Images】
湘南ベルマーレのDF岡本拓也【写真:Getty Images】

5チームが争う熾烈なJ1残留争い 前半終了時点で16位湘南がプレーオフ行きの危機

 J1リーグの最終節が7日午後2時から各地で行われたなか、優勝争いとともに注目を集めているのが残留争いだ。すでに2チームのJ2降格が決まっていたなか、5チームの争いとなっていた残留争いは熾烈を極め、前半終了時点では湘南ベルマーレがJ1参入プレーオフ行きの危機に瀕している。

 最終節を前にして、ジュビロ磐田(17位)と松本山雅FC(18位)のJ2自動降格が決定。J1参入プレーオフに回る16位の一枠が残るなか、最終節を前にして下記の5チームがデッドヒートを繰り広げていた。

12位 勝ち点37 得失点差-4 名古屋グランパス
13位 勝ち点37 得失点差-15 浦和レッズ
14位 勝ち点36 得失点差-20 サガン鳥栖
15位 勝ち点36 得失点差-25 清水エスパルス
16位 勝ち点35 得失点差-23 湘南ベルマーレ

 勝ち点2差で5チームがひしめきあうなかで迎えた最終節は序盤から緊迫感が漂い、前半を終えて名古屋は鹿島アントラーズに0-1、浦和はガンバ大阪に0-1、鳥栖は清水に0-0、湘南は松本に0-0。前半の結果を受けた暫定順位は以下のとおりとなっている。

12位 勝ち点37 名古屋
13位 勝ち点37 浦和
14位 勝ち点37 鳥栖
15位 勝ち点37 清水
16位 勝ち点36 湘南

 16位の暫定順位は変わらず、このままのスコアで後半を終えると湘南がJ1参入プレーオフへと回る形となる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング