“日本キラー”ケーヒルに内閣入りの可能性浮上 エバートンで恩師と師弟関係を再結成か

モイーズ氏とケーヒル氏がエバートンで再タッグか【写真:Getty Images】
モイーズ氏とケーヒル氏がエバートンで再タッグか【写真:Getty Images】

モイーズ氏がエバートン次期監督に浮上 元師弟関係のケーヒルはアシスタントコーチか

 プレミアリーグで降格圏の18位に低迷するエバートンは、マルコ・シウバ監督が解任の危機に瀕している。後任として2013年までチームを率いたデイビッド・モイーズ氏の復帰が有力と言われているが、そうなれば“日本キラー”としても知られた元オーストラリア代表FWティム・ケーヒル氏がアシスタントコーチに就任する可能性を、英紙「リバプール・エコー」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 シウバ監督は2017年1月にハル・シティの監督に就任し、プレミアリーグで初めて指揮を執った。その後、ワトフォードを経て、昨年5月にエバートンの監督に就任。2年目のシーズンとなった今季は開幕から不振を極め、現地時間4日のリバプール戦(2-5)に敗れたことで、ついに降格圏の18位に転落した。

 シウバ監督への逆風は強まり、解任説が過熱。英メディアではシウバ監督が解任され、後任として2002年から13年までチームを率いたモイーズ氏の復帰が有力視されている。

 そして、モイーズ氏の就任が決まった場合、その右腕として元オーストラリア代表FWケーヒル氏が招聘される可能性もあるという。ケーヒル氏は2004年から12年までエバートンでプレーし、当時のモイーズ監督の下では中心選手としてプレーした。オーストラリア代表としても長く活躍。なかでも日本代表相手にはめっぽう強く、ゴールを量産したことから“日本キラー”として恐れられた。

 エバートンでは師弟関係にあったモイーズ氏とケーヒル氏だが、今度は監督とアシスタントコーチとしてタッグを組む可能性があるようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」