1ゴール2アシストのメッシに脱帽 ドルトムント監督も絶賛「彼はシンプルに最高だ」

バルサFWメッシ(右)を絶賛したドルトムントのファブレ監督【写真:AP】
バルサFWメッシ(右)を絶賛したドルトムントのファブレ監督【写真:AP】

CLのバルセロナ戦で1-3敗戦、ドルトムントのファブレ監督が相手エースFWメッシを称賛

 ドルトムントは現地時間27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第5節でバルセロナに1-3で敗れ、グループ3位に転落した。指揮を執るルシアン・ファブレ監督は「彼はシンプルに最高だ」と対戦相手のエースFWリオネル・メッシを称賛した。衛星放送「FOXスポーツ」が報じている。

 前半29分、ドルトムントは自陣からのロングボールをカットされると、そこから一気にカウンター浴びた。右サイドから攻め込まれ、最後は中央でこぼれ球を拾ったアルゼンチン代表FWメッシのアシストからウルグアイ代表FWルイス・スアレスに先制点を許した。

 さらに同33分にはDFマッツ・フンメルスの縦パスを自陣でカットされたところからバルサの素早いパスワークに翻弄され、メッシにフィニッシュを決められた。これでメッシはCLで異なる34チームからゴールを決め、大会最多記録を打ち立てた。

 後半22分にはメッシのスルーパスを受けたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが3点目をゲット。ドルトムントはイングランド代表MFジェイドン・サンチョのゴールで1点を返すも、そのまま1-3で敗れた。

 バルサ通算700試合となる節目の試合で1ゴール2アシストと異彩を放ったメッシの活躍に、ドルトムントのファブレ監督も脱帽といった様子だ。試合後の会見ではこう語っている。

「彼は偽9番としてプレーしていた。シンプルに最高だった。彼は非常に上手くボールを待っていて、ライン感で素晴らしい動きをしていた。彼がボールを持つと、それだけで困難な状況になった」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング