「絶対的な狂喜乱舞」 殊勲の“メモリアル弾”決めたメッシ、英メディアも絶賛「証明した」

バルサFWメッシ(右)【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ(右)【写真:Getty Images】

ドルトムント戦で1ゴール2アシストのメッシ、バルセロナがグループ首位突破

 バルセロナは現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でドルトムントと対戦し、3-1で勝利を収めた。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはこの試合でクラブ公式戦700試合出場を達成したが、そんなメモリアルゲームで披露した1ゴール2アシストの大活躍に英メディアは「絶対的な狂喜乱舞を生み出した」と称えている。

 バルセロナの所属するグループFは今季のCL最大の“死のグループ”に位置づけられており、ドルトムントの他にもインテルなど猛者がひしめいている。ホームで迎えたドルトムント戦では、絶対的エースが別格の存在感を放った。前半29分にメッシがスルーパスでウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を演出する。

 そして前半33分、高い位置でボールを奪ったカウンターの場面、ペナルティーエリアでパスを受けたメッシがゴール右隅に流し込んで追加点を奪う。さらに後半22分、メッシがドリブルでボールを運ぶと、相手守備陣の裏を突くスルーパスを供給。抜け出したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがゴール右隅に沈めた。

 1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露したメッシに対し、英メディア「メッシが700試合目で絶対的な狂喜乱舞を生み出した」と見出しを打って報じ、「なぜ彼が史上最高の1人であり続けるかを証明してみせた」と称賛を送っている。メッシがもたらした勝利により、バルセロナはグループステージ首位突破を果たしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング