レアルMFアザール、PSGからの“熱烈オファー”の過去を告白 「絶対にプレーしない」

過去PSGからオファーがあったことを明かしたレアルMFアザール【写真:Getty Images】
過去PSGからオファーがあったことを明かしたレアルMFアザール【写真:Getty Images】

PSGから過去に何度もオファーが届くも、リーグ・アン復帰時は古巣リールと主張

 今季レアル・マドリードに移籍したベルギー代表MFエデン・アザールが、過去に何度もパリ・サンジェルマン(PSG)からオファーが来ていたと明かした。スペイン紙「AS」が伝えている。

 アザールは12歳でフランスのリールの練習に参加し、14歳で拠点をクラブ所在地のリールへ移した。15歳からトップチームとの練習を始め、16歳でデビュー。その後リールで頭角を現し、2012年にチェルシーへ移籍を果たした。

 チェルシーでは公式戦通算352試合に出場し、計110ゴールを記録。チェルシーの絶対的エースとして君臨し、在籍7年でプレミアリーグやUEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇の立役者となった。近年の移籍の噂を経て、ついに今夏にスペインへ渡っている。

 アザールは仏紙「レキップ」の独占インタビューで、レアル移籍が決定する前に何度もフランス王者PSGからオファーをもらっていたが、それを断っていたと語っている。

「僕は絶対にPSGではプレーしない。何回も彼らからオファーが来た。だけど、リール以外のクラブのためにリーグ・アンに戻るつもりはない。彼ら(PSG)にはずっとノーと言い続けてきた」

 さらに、「僕の考えははっきりしている。彼らはチャンピオンズリーグ優勝のチャンスを与えてくれるチームではあるが、それは僕の優先事項ではない。もしリーグ・アンに復帰するならば、間違いなくリールだ」と語り、その意志の固さを覗かせた。

 レアルとは2024年まで契約しているアザールだが、再びフランスの地でプレーする日は訪れるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング