レアルFWベイル、揶揄的メッセージを掲げる問題行動 処遇巡り6つの論争…多数派は?

去就が騒がれているレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
去就が騒がれているレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

ウェールズ代表での試合後に掲げた国旗のメッセージが話題に

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番」と書かれた国旗を掲げてEURO出場権獲得を祝福したことが物議を醸している。クラブ内での立場を悪くする軽率な行動を受け、スペインメディアではレアルの今後の対応について大論争が起きている。

 ベイルはふくらはぎの負傷により、レアルでは1カ月以上欠場が続いていた。そうしたなかでもウェールズ代表に招集されると、EURO予選に出場して母国を2大会連続出場に導いていた。

 ここまでであれば大きな問題にはならなかったはずだが、物議を醸しているのは2-0で勝利した19日のハンガリー戦後のベイルの行動だ。欧州選手権出場決定の歓喜のなかで、チームメートとともに「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番」と書かれたウェールズ国旗を掲げて笑顔を見せていたのだ。

 これはレアルOBのプレドラグ・ミヤトビッチ氏が以前にウェールズ代表でのプレーや趣味のゴルフを優先させているベイルに向けた批判の言葉をバナーにしたもので、その揶揄的なメッセージを嬉しそうに掲げるベイルの振る舞いが問題視されている。

 ジダン監督にとっては新たな悩みの種となる今回の騒動。中国クラブへの移籍も取り沙汰されていたベイルの去就問題もさらに過熱しそうだ。そうしたなかで、「レアル・マドリードはベイルをどうすべきか?」との見出しで特集しているのが、レアルびいきでも知られるスペイン全国紙「マルカ」だ。電子版ではベイルへの処遇に関する読者投票も行われている。その選択肢として挙がっているのは下記の6つだ。

・強制的に契約解除
・双方合意の下で契約解除
・スタンドに放置する
・1月の売却
・今シーズンいっぱいで、来夏に売却
・クラブに残留させる

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング