シティ、重傷サネの“代役”にフランス代表ウインガー検討か ペップの指導を受けた経験も

マンCはサネの代わりとしてバイエルンのコマンをリストアップか【写真:Getty Images】
マンCはサネの代わりとしてバイエルンのコマンをリストアップか【写真:Getty Images】

バイエルンMFコマンをサネと入れ替わる形で獲得する可能性が浮上

 マンチェスター・シティは重傷で戦線離脱中のドイツ代表MFレロイ・サネの代役となるウインガーとして、バイエルン・ミュンヘンのフランス代表FWキングスレイ・コマン獲得の可能性が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 サネは今年8月、リバプールと対戦したコミュニティ・シールドでイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドと衝突し、前半13分に負傷交代。右膝前十字靭帯の損傷で、全治7カ月と診断された。サネは当時、バイエルンへの移籍が盛んに報じられていたが、この怪我で移籍の話は一度立ち消えになっていた。

 しかし、移籍の可能性が完全に消滅したわけではなく、シティはそのサネの穴を埋める新戦力も探しているという。そこで名前が挙がっているのがコマンだ。

 フランスの名門パリ・サンジェルマン(PSG)でキャリアをスタートし、ユベントス、バイエルンとビッグクラブを渡り歩いてきたウインガーで、現在プレーするブンデスリーガでは通算139試合で38得点という実績を残している。また、バイエルン加入1年目の2015-16シーズンには現シティのジョゼップ・グアルディオラ監督からも指導を受けていた。

 両サイドでプレー可能で、得点力も備えるコマンはサネの代役としては申し分ない存在だ。サネと入れ替わる形で、フランス代表にも名を連ねる実力者の獲得は実現するのだろうか。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング