「キルギス戦出場14人」を金田喜稔が採点 W杯予選4連勝に潜む日本の“マイナス面”は?

中島のシュート意欲の低下を危惧 「少し自信がなくなっている印象を受ける」

<途中出場>
■中島翔哉(ポルト/MF/←後半33分IN)=評価なし

 ドリブラーだが、ピッチコンディションが悪くてもクオリティーの高いプレーができる。ただ、前戦のタジキスタン戦から気になるのは、シュートへの意欲が少し落ちていること。この試合では約15分間とプレー時間が限られていたものの、本来の中島ならこの短い時間でもっとシュートを狙ってもおかしくない。プレーに迫力を欠いたのは、ポルトで試合に出られていない影響なのか、少し自信がなくなっている印象を受ける。微妙なタッチ、微妙な感覚で今まで行けたところで行けていない。ピッチ上での表情が少し楽しそうでないのは、気になるところだ。

■山口 蛍(神戸/MF/←後半33分IN)=評価なし

 遠藤に代わって久しぶりの出場。候補者の多いボランチで、短い時間のなかで大きなインパクトを残すことはできなかった。森保監督も評価するだけに、次のベネズエラ戦が正念場になるのではないだろうか。

■鈴木武蔵(札幌/FW/←後半42分IN)=評価なし

 プレー時間はわずかで、自らの持ち味を見せるには至らず。1トップで大迫に次ぐ存在になれるのかは、次のベネズエラ戦で試されるだろう。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(金田喜稔 / Nobutoshi Kaneda)

金田喜稔

かねだ・のぶとし/1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価