クロップ監督、マンU指揮の可能性もあった!? リバプール選択理由は“妻の鶴の一声” 

クロップ監督はマンUで指揮する可能性もあった【写真:Getty Images】
クロップ監督はマンUで指揮する可能性もあった【写真:Getty Images】

リバプールOBにトンプソン氏、クロップ監督のリバプール選択について言及

 昨季リバプールをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導いたユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグ8試合を終えて全勝と今季も好調をキープし、順調なチーム作りを見せている。だが、妻ウラさんの“鶴の一声”がなければ、今頃はマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執っていた可能性もあったという。英紙「リバプール・エコー」が伝えている。

 クロップ監督は、2014-15シーズンの終わりとともにドルトムントの監督を退任。そして、ブレンダン・ロジャーズ監督解任後の2015年10月から、リバプールを指揮することになった。

 リバプールOBのフィル・トンプソン氏はノルウェーテレビ局「TV2」のインタビューで、クロップ監督がリバプールを選択した理由をこう語っている。

「スカイの仕事でクロップにインタビューをしたことがある。その時に彼にリバプールが運命の相手だったと思うかと聞いたら、彼は私のことを見て、なぜそんなことを聞くのかと聞いてきた。そしてクロップは、マンチェスター・ユナイテッドを選んでいた可能性もあったと言っていた。でも、彼の妻がそれは間違えていると言ったそうだ。だが、リバプールからのオファーが届くと、彼の妻はそれが正しいと言った。奇妙な話だが、彼とリバプールは一緒になる運命だったみたいだ」

 リバプール時代に、フットボールリーグを7回、UEFAチャンピオンズカップを3回、UEFAカップとリーグカップを2回、1回のFAカップ、UEFAスーパーカップ優勝を経験したトンプソン氏。今季プレミアリーグで負けなしのまま首位に立つ古巣について「クラブ史上最高のチームの一つ」と述べ、次のように続ける。

「私の時代は(シーズンのこのくらいの時期には)3試合か4試合は負けていたが、今のチームは(ディフェンディングチャンピオンのマンチェスター・シティに)9ポイント差をつけて首位に立っているし、昨季はわずか1試合しか負けていない。今シーズンも、彼らはオールド・トラフォードでの1試合以外は全部白星を挙げている。ものすごく素晴らしいことをやっているんだ」

 トンプソン氏も賛辞を贈る現在のリバプール。クロップ監督に率いられ、黄金時代を築き上げることになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング