神戸FWビジャ、今季限りで現役引退を発表 「決断は長く考えていた。今が…」 

現役引退を発表した神戸のFWダビド・ビジャ【写真:Getty Images】
現役引退を発表した神戸のFWダビド・ビジャ【写真:Getty Images】

21年からクイーンズボロFCのオーナーに就任

 J1ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが13日、記者会見を開き、現役引退を発表した。2021シーズンからは米メジャーリーグサッカー(MLS)2部ユナイテッドサッカーリーグ(USL)加入が認められたクイーンズボロFCのオーナーに就任する。

「決断は長く考えていたこと。周りともよく考えた結果。コンディションはヴィッセル神戸でチームに貢献でき、ゴールも決められているが、自分のなかで思っていたことがあった。サッカーに引退させられるのではなく、自分が考えた結果のなかで決めたいと思っていた。今がそうだと感じた」

 ビジャはバルセロナやアトレチコ・マドリードなどリーガ・エスパニョーラの強豪クラブで活躍。オーストラリアのメルボルン・シティを経て2015年からはMLSのニューヨーク・シティでプレーした。スペイン代表としても欧州選手権(EURO)2008、同国が初制覇した2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で得点王を獲得するなど世界的ストライカーとして君臨。そして今季、盟友のMFアンドレス・イニエスタが在籍する神戸へと加入し、ここまで26試合12ゴールを挙げている。

 ビジャが引退後のキャリアとしてオーナーを務めるクイーンズボロFCはニューヨークのクイーンズ地区を拠点とする新クラブ。ホームには米大リーグ(MLB)のニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドでも開催する予定としている。

 アメリカでは元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が20年からMLSに参戦するインテル・マイアミの共同オーナーを務め、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏もフェニックス・ライジングFCを所有するなど、サッカー選手がオーナー就任するケースが増えている。今回、ビジャも加わることとなったため、豪華オーナー陣が揃うこととなる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング