久保建英、2戦連続スタメンで前半2得点に絡む活躍 2人抜きドリブルでPK奪取、華麗パスで好機導く

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

本拠地ビジャレアル戦に右サイドハーフで先発、前半2-0リードに貢献

 マジョルカの日本代表MF久保建英は10日、リーガ・エスパニョーラ第13節の本拠地ビジャレアル戦に2試合連続で先発出場。前半11分に左サイドから切り込み、ペナルティーエリア内での2人抜きからPKを誘発してチームの先制点を呼び込むと、同21分にはバックヒールでの華麗な落としからチャンスを演出し、2点目のPK奪取にも絡んでいる。

 久保は3日に行われた前節の敵地バジャドリード戦(0-3)に続き、2試合連続でスタメンに名を連ねた。雨で濡れたコンディションのなか本拠地ソン・モイシュのピッチに立った久保は、右サイドハーフとしてプレー。マジョルカが4試合ぶりの勝利を目指すなか、久保も攻守に積極的な姿勢を見せていく。

 すると前半11分、久保が左CKのキッカーを務めると、中央に蹴ったボールは一度相手に跳ね返される。そのボールを左サイドで拾った久保は、ペナルティーエリア内で鋭いドリブルから2人を抜くと、ビジャレアルMFビセンテ・イボーラに倒されPKを獲得。これをMFラゴ・ジュニオールが決めてマジョルカが幸先良く先制した。

 動きにキレのある久保は、その後も右サイドで攻撃の起点となる。同17分にはゴール前に右足で際どいクロス、3分後にはオフサイドとなったものの巧みなボールタッチからスルーパスで相手最終ラインを揺さぶっていく。

 そして同21分、再び久保が輝きを放つ。マジョルカのビルドアップから、右サイドのセンターライン付近でMFダニ・ロドリゲスから縦パスを受けると、左足のバックヒールでダイレクトで落としてドリブル突破を導く。最後はMFアレックス・フェバスが、ビジャレアルGKセルヒオ・アセンホに倒されこの日2本目のPKを獲得。これをロドリゲスが決めて2-0とした。

 2本のPK奪取に絡んだ久保は、その後も右サイドで攻撃の起点に。試合は2-0とマジョルカがリードしたまま、前半を終えている。連動した守備で相手のボールをカットするなど動きにキレのある久保は、後半にスペイン初ゴールを奪うことはできるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング